スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)

 30万頭近くも牛や豚を殺処分せざるを得ない事態になった宮崎県の口蹄疫(こうていえき)禍。10年前に同県で発生した際には速やかに制圧できたのに、なぜ今回は初期の封じ込めに失敗したのか。獣医師の証言から追った。【中尾祐児】

 「今でも悪夢を見ているようだ。まさか『日本中を震撼(しんかん)させる大惨事』になるなんて……」

 3月26日、宮崎県都農(つの)町の牧場で、下痢の症状が出た水牛を診断した開業獣医師の男性(61)=同県高鍋町=は声を震わせた。

 前日夕、モッツァレラチーズを作るために水牛42頭を飼育する牧場主から「いつもと違う。ボーッとしている」と電話が入った。

 往診に出向いた26日午前10時。雌1頭の便がゆるかった。口蹄疫に典型的な口の中やひづめの水疱(すいほう)は見あたらない。「冷たい水につかって、腹をこわしたのかな?」。風邪の治療を施し、経過観察することにした。

 次の30日の往診。平熱(約38度)より1〜2度高い水牛が一気に10頭になっていた。徐々に感染が広がる風邪とは違う。敷料のオガクズにまざった化学物質などの中毒を疑い、県宮崎家畜保健衛生所に通報し、立ち入り検査を要請した。

 だが、県も「主に下痢の症状だった」と見逃し、3月31日に採取した水牛の検体を、動物衛生研究所(東京)に送ったのは4月22日(翌日陽性と判明)。別の農家の牛が感染第1例と確認された同20日の2日後だった。

 10年前の00年3月、国内で92年ぶりに発生した口蹄疫も宮崎県が震源地だった。宮崎市内で3戸の牛38頭が殺処分され、47日後には終息。県は「我が国の防疫体制が国際的にも高く評価された」(同県発行「口蹄疫防疫の記録」)と誇った。

 当時、最初に牛の異常を通報した獣医師、舛田利弘さん(66)は「下痢から口蹄疫を疑うのは不可能だ」と、水牛を診た獣医師の判断に同情する。10年前も、最初の1頭はややよだれが多い程度の風邪の症状。約1週間後、牛舎の他の9頭すべてに広がって初めて「変だ」と気が付いた。「初期症状は教科書とは全く違う。水疱はなかった」と振り返る。

 03年に県が策定した「口蹄疫防疫マニュアル」。牛の典型的な病状に「口の中の水疱は発病後6〜8時間以内に現れる」「蹄(ひづめ)の病変は口の中と同一時期」などと記載されている。

 舛田さんは「県はマニュアルで抑え込めると自信を持ったが、重大な欠陥があった。同時に複数の典型的な病状が出るという、誤った先入観を与えてしまったのでは」と指摘する。

 「10年前と比べ、伝播(でんぱ)力が強いという特徴があると考えられる」。農林水産省の牛豚等疾病小委員会が見解を出したのは、感染拡大後の5月18日だった。

【関連ニュース】
口蹄疫:5月の子牛取引が6割減 価格も1割近く上昇
口蹄疫:早期出荷対策、事実上断念へ 副農相
口蹄疫:都城周辺は陰性 発生農家から1キロ、牛豚97頭
高校野球:夏の宮崎大会、開会式中止を決定 口蹄疫で
口蹄疫:宮崎・延岡へ通じる林道2路線封鎖 大分県佐伯市

沖縄戦で戦死 兄の御霊へ… 遺産7000円寄付 (産経新聞)
口蹄疫 対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
中3、ブログの広告収入目的か YouTube違法投稿(産経新聞)
「頑張りたい」四ツ谷駅と目白駅に女性駅長(読売新聞)
明大での「ザ・コーヴ」上映会中止(時事通信)

くいだおれ人形、応援シャツ姿で「夜更かししてW杯応援しまっせ」(産経新聞)

 サッカーのワールドカップ開幕に合わせ、大阪・ミナミの名物人形「くいだおれ太郎」の弟・次郎が11日、道頓堀に登場し、日本代表の応援シャツ姿で街を盛り上げた。

[フォト]11日にW杯開幕 熱狂するヨハネスブルク

 毎日太鼓をたたく太郎に代わり、両手に旗を持てる次郎に白羽の矢が立った。日の丸と日本代表の青い旗を手にバンザイを繰り返し、観光客らの目をひいた。

 太郎は「昼間は休ませてもろうて、夜更かしして応援しまっせ」とコメントし、次郎は「岡田JAPANガンバレ!」と吹き出しで声援を送った。

【関連記事】
高円宮妃久子さま、南アで観戦へ 閣議で報告
マンデラ元大統領、W杯開幕戦を観戦へ
“魔笛”にゾ〜、ボディーサイン緊急導入
砂像で南アW杯を応援 鳥取・砂の美術館
「カメに恩返し」旧中津江村元村長、カメルーン代表応援のため、南アへ
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

フェラーリ史上最速のロードゴーイングカー「599GTO」(Business Media 誠)
首相なお続投に意欲、小沢氏と再会談 社民党は内閣不信任案賛成の方針(産経新聞)
ワゴン車 回転すし店に突っ込む…客ら13人けが 大津(毎日新聞)
親類捜索中、別の男性遺体=和歌山の会社員―秋田(時事通信)
<菅首相>中国訪問見送りへ 上海万博ジャパンデー(毎日新聞)

ついつい「触る・つぶす」7割 ニキビ、ほぼ全員が気になる(産経新聞)

 ニキビができたとき、いけないと思いながらも、7割の人が触ったりつぶしたりしてしまう−製薬会社のガルデルマ(東京都新宿区)と塩野義製薬(大阪市)がニキビに関する意識調査を行ったところ、こんな結果が明らかになった。

  [フォト]人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を

 調査は4月初め、関東と関西に住むニキビに悩む20代男女800人を対象にインターネットで行った。

 ニキビができているとき、ニキビのことを「とても意識」する人は46%で、「やや意識」の49%と合わせるとほぼ全員がニキビを気にしていた。意識する理由は(複数回答、以下同)、「ニキビ痕が残る」「なかなか治らない」「人から見られると恥ずかしい」の順で多かった。

 どんなときにニキビができるかでは、約半数が「疲れがたまったとき」「食生活が乱れているとき」「睡眠不足のとき」をあげた。男女別にみると、男性は「時期に関係なくできる」、女性は「生理中およびその前後」をあげた人が最も多かった。

 ニキビにいけないと思いながらもついやってしまうことは、「触る」と「つぶす」がともに7割以上あり、次いで「夜更かし」「脂っこいものを食べてしまう」の順だった。

 これまでにしたことのあるニキビケアは、「市販の薬を使う」(65%)、「ニキビ用化粧品を使う」(39%)、「サプリメントをとる」(34%)、「皮膚科で塗り薬による治療を受ける」(29%)の順。これらケアをした人に効果を聞いたところ、「完治した」と答えた割合が最も多いのが皮膚科の塗り薬で24%、市販の薬は15%、ニキビ用化粧品とサプリメントは各12%だった。

 もしニキビがなくなったらしたいことは、「たくさん外出する」「新しい恋をする」「新しい化粧品を買う」。また、ニキビがなくなったときに周りの人から言われたい言葉を自由回答で記入してもらったところ、359人が「肌がきれいになったね」をあげ、このうち117人(32%)は男性だった。かつては「男がニキビで悩むなんてみっともない」といわれたものだが、今は女性と同じように男性も美肌でほめられたいと思っているようだ。

【関連記事】
女性の7割超「背中にニキビ」に悩む
女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化
柳原可奈子13キロ激ヤセ、美肌ナースCM
ニキビ減った、吠えた…雄星復活に家族、同級生が太鼓判
こんなコが職場にいたらなぁ…多部未華子、新CMでOLに

電通マン「好きだった」副業でフィリピンパブ(スポーツ報知)
社民暴走 離脱恐れ首相が免罪符(産経新聞)
同人誌即売会でもiPad――スライドショーを集客に活用(Business Media 誠)
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)

ニキビ 放っとかないで 早めに皮膚科できれいに 初期治療も可能な新薬(産経新聞)

 □東京女子医科大学皮膚科教授・川島眞氏 

 10代男女の9割以上にあらわれるニキビ。かつては「青春のシンボル」ととらえられ、病気と考える人はあまりいませんでした。でもニキビは皮膚の病気の一種。皮膚科を受診し、早く治療を始めるほど、早く、きれいに治ります。汗や皮脂の分泌が多くなるこれからは、ニキビに要注意の季節。今年新たにニキビの日(5月(いつも)21日(ニキビは皮膚科へ))が制定されたのを機に、ニキビはなぜできるのか、どうやって治療すればいいのか、東京女子医科大学皮膚科の川島眞教授に聞きました。

 ●皮脂のつまりが原因

 ニキビは思春期になり、性ホルモン、とくに男性ホルモン(テストステロン)の分泌が盛んになるころから起こってきます。

 男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にします。盛んに分泌される皮脂が毛穴からしっかり排出されれば問題ないのですが、毛穴の出口の角質が増え出口が狭くなったりふさがれたりすると、皮脂が毛穴の中にたまっていきます。

 毛穴がつまって、出口を失った皮脂がたまり皮膚表面が少し盛り上がってきた状態を、医学的に面皰(めんぽう)といいます。いわゆる白ニキビ、黒ニキビのことで、ニキビのでき始めです。この段階では炎症がまだ起こっていないので、赤くもなくそれほど気になりません。

 これを過ぎると、毛穴にたまった皮脂を栄養源としている細菌(アクネ桿(かん)菌)が増殖し、炎症を起こし、赤ニキビができます。医学的には丘疹(きゅうしん)と呼び、この段階になるとみなさん気にします。

 さらに炎症がひどくなると、毛穴の壁が壊され、白血球のうちの好中球(こうちゅうきゅう)が毛穴に集まり、膿(うみ)をもった黄色ニキビに変わります。これは膿疱(のうほう)と呼ばれる状態です。自分で膿疱をつぶしたり、放置して治療しないままでいると、さらに大きいニキビになったり、ニキビが治ったあとに、へこみや盛り上がりなど瘢痕(はんこん)を残すこともあります。もちろん、小型の膿疱の状態で適切な治療をすれば痕(あと)もなく治ります。

 ●1個でもQOL低下

 ニキビにはこのようにいくつかの段階がありますが、どんなひどいニキビでも年をとるとおさまってきます。ただ、できているときには悩みますし、きちんと治療しないと永久的に残る瘢痕ができてしまいます。

 「たかがニキビ」と思っている人は多いのですが、患者さんの中には1個できただけでものすごく落ち込む人も少なくありません。一般的には病気の症状に応じてQOL(生活の質)が落ちることが多いのですが、ニキビの場合はすごく軽い症状の人も、すごく重い症状の人も、精神面でのQOLの低下の程度にそれほど差がないという調査があります。このため軽い症状でもきちんと治療にあたらないといけないのですが、皮膚科医の一部を含めて世の中全般に「こんな軽いニキビは放っておけばいいんじゃないの」という風潮もありました。

 実際、これまでの日本でのニキビ治療は十分とは言えませんでした。というのも、日本ではこれまで、でき始めの症状である白ニキビに対して効果が高い薬がなかったのです。赤ニキビや黄色ニキビの炎症を抑える抗菌作用のある塗り薬が使えるようになったのも約10年前のことです。それ以前は医療機関を受診しても、市販薬と変わらない成分の薬しかありませんでした。このため、かつてニキビで医療機関を受診した患者さんの中には、「病院で診てもらったのに、たいしてよくならなかった」と思っている方もおられるのではないでしょうか。

 長い間いい薬がなかったニキビ治療ですが、1年半前に日本でもようやく白ニキビにも効果のあるアダパレンを成分とした塗り薬が承認され、保険適用となりました。これは毛穴のつまりをなくし、皮脂をためずにスムーズに排出する作用のある薬です。白ニキビから赤ニキビへと進展するのを防ぎ、新しいニキビができるのを抑える予防的治療も期待できます。

 日本皮膚科学会が平成20年9月に出したニキビ治療のガイドラインで、この薬は白ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビのいずれでも第一選択薬となっています。白ニキビの段階でこの薬を使えば、1、2週間で効果が現れてきます。赤ニキビなど炎症が起きているニキビは、抗菌薬の塗り薬や飲み薬と併用することが勧められています。

 ただし、この薬は使い始めて2週間以内に皮膚の乾燥や刺激感、すなわち皮膚がぽろぽろはがれる、赤くなる、ヒリヒリする、かゆくなるなどの症状がみられます。しだいにおさまるので治療の継続には問題ありませんが、患者さんはそのことをきちんと理解した上で使ってもらえればと思います。

 ●根拠のある予防なし

 本当はニキビができなくなる予防法があればいいのですが、今のところエビデンス(科学的根拠)のある予防の方法はありません。「1日2回の洗顔の方が1回よりニキビができにくい」というエビデンスはあるのですが、ニキビを絶対できなくするわけでありません。

 一般的に脂っこいものやチョコレートを控えるようにといわれますが、これを食べると誰でも必ずニキビができる、または悪化するというような証拠のある食品はありません。もちろん、チョコレートを食べるとニキビができやすいと感じている人はチョコレートを控えた方がいいですが、食べなければニキビができないというわけでもありません。完全な予防はできませんので、ニキビ痕を残さないために早めの皮膚科での治療が大事になってきます。

 ニキビができても症状が軽いうちは、洗顔料を替えたり、市販の塗り薬で治そうとする人が多く、医療機関を受診する人はまだ少ないのが現状です。でも、ニキビは症状が軽いうちに皮膚科の専門医を受診し、治療を受けてもらいたいと思います。

原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
<首相補佐官>韓国公使発言に勇み足(毎日新聞)
水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
鳩山首相、対北制裁措置の検討指示=哨戒艦事件で安保会議(時事通信)
国道側溝に男性の切断遺体=胴体と両足、死体遺棄で捜査―新潟県警(時事通信)

サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)

 ■市民「世界に証明を」 大統領「準備整った」

 【ケープタウン=真鍋義明】We are ready−。サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会まで、11日でちょうど1カ月となった。治安など懸念されている問題はあるが、開催国の南アフリカ政府関係者は「準備はできた」と強調。開催都市の市民らの盛り上がりはこれから、といったところだが、「南アもビッグイベントを開催できることを証明したい」と静かに開幕の時を待っている。

 「スタジアム、開催都市、そして南アフリカの準備は整った。パズルのピースは収まった」。現地時間8日夜、南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領はアフリカ大陸最大の観光見本市「INDABA2010」の開会式で、W杯開催へ向けた自信を表明した。国際サッカー連盟(FIFA)のジェローム・バルク事務局長も「南アは(前回の)ドイツにも引けをとらない世界最高のスタジアムを整備した」と持ち上げた。

 南アはこれまで、交通機関や道路の整備に1700億円以上を投じてきたほか、治安対策として約158億円をかけて約4万1千人の警官を動員するなど巨額の公費を投入。日本代表が第2戦を戦う南ア東部のダーバンや準決勝が開催される南部の大都市・ケープタウンでは、道路などの一部の工事が完了していない部分も見られるが、観光局のスタッフ、アレキサンドラさん(23)は「1カ月後には間に合う。心配はない」と話す。

 こうした関係者の意気込みと比べ、市民らはW杯を冷静に受け止めている。

 「(南アで人気の)ラグビーやクリケットのビッグマッチがあるため多くの関心がそちらに行っている。まだまだ先」と話すのは、南アで観光ガイドを務める女性。実際に、試合会場の各都市ではショップに関連グッズが並んだり、スーパーにカウントダウンのボードが設置されたりしているほかは目立った盛り上がりは見られず、お祭り騒ぎにまではなっていない。

 ただ、「世界最悪の治安」とも伝えられるイメージ改善や、W杯後の国の発展に対する市民の期待は大きい。ケープタウンのタクシー運転手(56)は「W杯の開催は国にとって大変いいことだ。私たちがホスト国として大会を成功させられることを世界に示したい」と期待を込めている。

谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 (産経新聞)
<交通事故>76歳男逮捕 女性2人はね死なせた疑い 奈良(毎日新聞)
<もんじゅ>警報装置が誤作動 格納容器内の機器故障(毎日新聞)
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」(産経新聞)
14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)

<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領が12日夜(日本時間13日朝)、ワシントンで非公式に会談した際、首相が「5月末決着」を明言し協力を求めたのに対し、オバマ大統領が「最後までやり遂げることができるのか」と強い不信感を示していたことが18日、分かった。日米外交筋が明らかにした。

 オバマ大統領は、昨年11月に東京で行われた首脳会談で、首相が「トラスト・ミー(私を信頼して)」と述べたことに言及して、「しかし、何も進んでいないではないか。キャン・ユー・フォロー・スルー?(最後までやり遂げられるのか)」とただしたという。

 非公式会談は日本側の要請により、核安全保障サミットの夕食会の冒頭、オバマ大統領の隣に鳩山首相が座ることで約10分間行われた。「5月末決着」の期限を目前にしながら、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市)に移設する現行計画に代わる移設先が正式な日本政府案として一向に提案されないことに対し、オバマ大統領が首相に直接不満をぶつけた形だ。

 米側は移設先について「運用上も政治的にも維持できるもの」(ゲーツ米国防長官)として、地元の合意を重要視している。しかし、政府が最有力候補として検討する徳之島(鹿児島県)では18日、移設反対集会が開かれるなど、「5月末決着」のめどは全く立っていない。【野口武則】

【関連ニュース】
毎日新聞世論調査:内閣支持率33% 不支持は初の5割超
普天間移設:「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ
普天間問題:鹿児島県内移設に反対派が集会

<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
殺人容疑で無職男を逮捕 建物明け渡しトラブル(産経新聞)
将棋 三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)

駐車場「優先席」362カ所 高齢者、妊婦ら対象(産経新聞)

 ■役所や病院周辺19日から全国導入

 警察庁は15日、高齢者や障害者、妊婦らを対象とした専用駐車区間を19日から全国で導入すると発表した。駐車時に必要な標章の申請も同日から全国の警察署で受け付ける。専用区間は官公庁や病院、金融機関などの近くに362カ所、計約1148台分設置する。

 専用区間を利用できるのは、自動車の運転免許保有者で、70歳以上の高齢者と身体や聴覚に障害がある人、妊娠中や出産後8週間以内の女性。標章の申請には免許証や車検証などが必要で、即日または2週間以内に交付される。

 専用区間は公共交通機関を使いにくく、車の利用頻度が高いとみられる場所を中心に選定された。愛知県が最多で99台分あり、新潟県96台分、北海道78台分と続く。東京都や岡山、徳島、福岡各県では無料の専用区間のほか、一部の時間制路上パーキングが専用区間として有料で使用できる。

 利用できるのは標章の申請者のみで、他人に貸与したり譲渡したりすると5万円以下の罰金。対象者以外が駐車した場合は違法駐車となり、通常の放置違反金に2千円が上乗せされる。

 ■70歳超運転手 3割増592万人

 高齢化社会の進展に伴い、増え続ける高齢ドライバー。警察庁は「安全に運転してもらうための支援が重大な課題」と位置付けており、専用駐車区間を今後増やす方向で検討している。

 警察庁によると、平成16年に約442万人だった70歳以上の運転免許保有者は、20年には約592万人となり、4年間で約34%も増えている。

 一方で、高齢者が車やバイクを運転中に起こす事故も増加。運転者側に原因がある交通死亡事故は昨年4395件あったが、うち70歳以上は640件に上り、全体の約14%を占めた。

 運転者の死亡事故全体が減少傾向にある中で、70歳以上の占める割合は上昇を続け、11年からの10年間でほぼ倍増している。

 ただ、公共交通機関が発達していない地域では、日常生活で車を運転する必要に迫られる高齢者は少なくない。

 警察庁は「官公庁や病院など、利用が多く見込まれる施設の周辺に、高齢者が安心して駐車できる環境を整備する必要がある」としている。

【関連記事】
都内の全路線バスにステッカー 車内事故防止、高齢者に喚起
“親から借金”してでも持ちたい? 子供のケータイ
マタニティーマーク 浸透まだ 妊婦半数「役立たない」
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制
「体内時計」の使い方 時間経過の感覚

福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
中国電部長が自殺か=原発点検漏れ問題を担当−島根(時事通信)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)

踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)

 12日午前5時55分ごろ、JR西日本新大阪総合指令所が、京都府京田辺市薪加賀ノ辻のJR片町線(学研都市線)大住〜京田辺駅間にある八幡踏切で異常を示す信号が出ているのを確認。踏切を通過する電車が徐行運転した。

 点検の結果、異常がなかったため、約30分後に通常運転を再開。このトラブルで、東海道本線と片町線で計36本が運休、計46本が最大1時間3分遅れ、約4万3千人に影響した。

【関連記事】
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが
新幹線に接触し男性けが
橋げたに車接触?衝撃をセンサーが感知 JR阪和線で電車遅れる
「人が線路に転落!」実は靴…影響2万人超 JR大阪環状線
新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ
外国人地方参政権問題に一石

<東京モノレール>10日に一部運休 新駅設置で(毎日新聞)
<地域主権改革>権限委譲、各省が抵抗…3法案審議入り(毎日新聞)
個別記事リンクに賠償請求? 日経サイト方針に大批判(J-CASTニュース)
阪大、京大がワースト10に=東大46位−初の経営効率ランク(時事通信)
<大麻栽培容疑>54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡(毎日新聞)

自民・若林元農相、隣席の投票ボタンも押す?(読売新聞)

 3月31日のNHK予算を採決した参院本会議で、自民党の若林正俊・元農相(長野選挙区)が、自身の投票ボタンに加え、採決時に席にいなかった隣の青木幹雄・前参院議員会長の投票ボタンも押した疑惑が浮上した。

 民主党が1日、若林氏の懲罰動議を江田議長に提出した。

首相動静(4月6日)(時事通信)
理容店にトラック突っ込む=運転手死亡、女性2人軽傷−熊本(時事通信)
小沢幹事長の辞任要求=複数擁立に反発−連合静岡会長(時事通信)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)

東北新幹線、ドアトラブルで運休 400人に影響(産経新聞)

 5日午前8時20分ごろ、東北新幹線那須塩原駅(栃木県那須塩原市)で、同駅発の東京行き「なすの268号」(10両編成)のドアが操作と無関係に閉まるトラブルがあった。同列車は運休となり、約400人に影響した。JR東日本が原因を調べている。

【関連記事】
通過駅?熊本、九州新幹線に不安 企業アンケ「プラス」は6割
博多駅、特急1日200本超!“3階建て”から“愛称なし”まで
新幹線に貨物車丸ごと搭載 JR北海道が実験
山陽・九州新幹線「さくら」初の量産車、未明に博多到着
W杯戦士の渡辺泰憲さん電車にはねられ死亡
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)
学習塾に1億円賠償命令=講師が女児殺害、使用者責任認める−京都地裁(時事通信)
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
携帯ホームページ
現金化
出会いランキング
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    にゃん子 (06/04)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    オリンキー (01/04)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    サキューン (12/30)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    リョータ (12/25)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    まろまゆ (12/20)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    ちょーたん (12/14)
  • <口蹄疫>宮崎県マニュアルに欠陥…初期症状、水疱なく下痢(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM